Special sections ja

Special Sections

"スペシャルセクションズ"

ランボルギーニ・アートカーが登場!女性テクノロジーアーティスト スプツニ子!氏とのコラボレーションが決定

ミャンマーアーティスト × 「Installation kaguya」

ポーラ美術振興財団展示

ニューヨークのストリートアーティスト
Ron Engilsh氏来日企画
ライブペインティングパフォーマンス

「Hopin' Pocketful ポケットの希望」展

アートとファッションのコラボレーション!「Female Hero」


ランボルギーニ・アートカーが登場!女性テクノロジーアーティスト スプツニ子!氏とのコラボレーションが決定

ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダーが、スプツニ子!氏とのコラボレーションによって、唯一無二のアートカーとして、アートフェア東京2017ロビーギャラリーに登場します。

ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダーは、圧倒的な存在感と、洗練されたスタイリッシュなボディのスーパーカー。 そして、スプツニ子!氏は、2012年から続くアートフェア東京アートカーの歴史の中で、初の女性アーティストです。

堂々たるランボルギーニと、エレガントな女性テクノロジーアーティストのコラボレーションは、「パワーウーマン」と称され女性の社会進出が目覚ましい今の時代にふさわしいコラボレーションです。このアートとスーパーカーの融合は、アートフェア東京に新たな歴史を創ります。

Huracan spyder
Lamborghini Huracán RWD Spyder
Sputniko
スプツニ子!
1985年東京都生まれ、ボストン・東京在住。英国インペリアル・カレッジ数学科および情報工学科を卒業後、英国王立芸術学院(RCA)デザイン・インタラクションズ専攻修士課程を修了。在学中より、テクノロジーによって変化していく人間の在り方や社会を反映させた映像インスタレーション作品を制作。最近の主な参加展覧会に「第3回瀬戸内国際芸術祭」(自身初の常設作品を発表)、「NEW SENSORIUM」(ドイツZKMアートセンター、2016)、「宇宙と芸術」(森美術館、2016)、「Collecting Future Japan」(英国V&Aミュージアム)など。2013年よりマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ助教に就任しDesign Fiction Groupを創設。これまで英国Victoria&Albert Museumや金沢21世紀美術館などに作品がコレクションされている。

ミャンマーアーティスト × 「Installation kaguya」

ミャンマーを代表するアーティスト「U Lun Gywe(ウー・ルン・ジゥェ)」と、「東京大学大学院農学生命科学研究科木質材料学研究室」設計の「Installation kaguya」がコラボレーションします。

世界有数の竹の産地であり豊かな自然に囲まれた神秘的な国、ミャンマーを代表する抽象画家「U Lun Gywe(ウー・ルン・ジゥェ)」は、のどかなミャンマーの風景、美しい踊り子たち、そして疾走する馬たちを描き続けている彼の作品の根底には一貫した「愛」と「優しさ」を感じさせます。
そのU Lun Gywe(ウー・ルン・ジゥェ)の作品が、「Installation kaguya」の中に展示されます。ミャンマーの悠久の大自然を感じさせる「竹」素材と、日本の歴史や文化を連想させる「Installation kaguya」との展開は、時空も国境も越えた印象を与え、ミャンマーの深い文化性を感じることができるでしょう。

「Installation kaguya」のテーマは、日本最古の物語とされている「竹取物語」。最先端の木質構造学からなるパビリオンは、日本唯一の模様からミラクルバンブーと呼ばれる虎斑竹(竹虎)で構成されます。作品を目の前にした時、竹取の翁になったような気持ちで幻想的な空間に誘います。

3月16日(木)は、草木に使える花士(はなのふ)として、大自然や神仏に花を献じる珠寳(しゅほう)氏による献花が行なわれます。

Myanmar
Kaguya

Installation kaguyaホームページ

http://www.kaguya-japan.com

ポーラ美術振興財団展示

コーポレートパートナー:公益財団法人ポーラ美術振興財団

今年の益財団法人ポーラ美術振興財団の出展は、ポーラ美術館木島俊介館長監修による、過去「若手芸術家の在外研修に対する助成」を受けた4名の作家のグループ展を開催します。海外で刺激を受け進化を続ける気鋭の作家の作品を紹介します。
また、ポーラミュージアムアネックス(銀座)では、同作家4名による企画展示が連動して開催(3月3日(金)‒ 3月26日(日))されます。

Pola1

高木彩

Par-dela.『沈思する黒』

2016年

油彩 キャンバス

Pola2

池田光弘

Portrait of Place Turkey no.3

2016年

油彩 キャンバス

Pola3

彦坂敏昭

Newspaper Sketches of Ocean Waves

2016年

紙にインクジェット、ペン

Pola4

武田裕子

2017年

紙本彩色


ニューヨークのストリートアーティスト
Ron Engilsh氏来日企画
ライブペインティングパフォーマンス

協力:JPS GALLERY HONG KONG

映画「スーパーサイズミー」のドナルドでおなじみのRon English(ロン・イングリッシュ)氏が来日し、「アートフェア東京2017」会場内でライブペインティングパフォーマンスを行ないます。 是非、会場でペインティングが行なわれて行く様子をご覧下さい。 完成した作品は会期中に公開され、会期終了後には作品をオークションで販売します。 その売上は震災復興・若手アーティスト支援のために寄付される予定です。

Live painting5
Live painting2
Live painting3
Live painting6
Live painting4

Ron English 2017 Growing Grin


「Hopin' Pocketful ポケットの希望」展

協賛:株式会社モリモト

本展は、アートフェア東京2017の出展ギャラリーのなかから、未来に向けて羽ばたく若手アーティストの作品を「ロビーギャラリー」で展示販売します。 専門家が選んだ10万円前後から高くても30万円までの、およそ60点の作品を、入場無料エリアで展示します。

日常にアートと希望を。アートのある暮らしの楽しみを伝えていきます。

キュレーター : 小澤慶介(アート東京 キュレーター/アートト)
監修 : 山本豊津(アート東京 理事/東京画廊+BTAP代表)
会場 : ロビーギャラリー
参加ギャラリー : 小山登美夫ギャラリー
SCAI THE BATHHOUSE
東京画廊+BTAP
シュウゴアーツほか
Pocketful1

近藤亜樹

Sleepy Dog

2016

27.3 x 41.0 cm

acrylic, spray color paint on canvas


copyright the artist

courtesy of ShugoArts

Pocketful2

Mrs. Yuki

untitled

2015

h.29.5 x w.25.5 x d.4.5 cm

mixed media

会場マップ

Pocket map

アートとファッションのコラボレーション!「Female Hero」

企画協力:東京ガールズコレクション実行委員会

「アートフェア東京2017」では、「Art is Alive –アートに近づく、アートが近づく–」をテーマに、「東京ガールズコレクション2017 SPRING/SUMMER」とのコラボレーションを展開。 アートとファッションとの連携は、世代を結ぶアクションであり、発信力のある若者がアートに触れる機会を生み出し、その感性を刺激します。 多様化する、価値観やライフスタイルを発信するアートとファッションのコラボレーションを通し、アートマーケットの可能性を探ります。

東京ガールズコレクション公式サイト:http://tgc.st/

※本企画の作品の一部は、一般来場者の写真撮影やSNSへの投稿が可能となる予定です。

【Female Hero】

「Female Hero」は、「アートフェア東京2017」と「東京ガールズコレクション2017 SPRING/SUMMER(TGC)」をつなぎ、今回のTGCのテーマにもなります。


作品タイトル:Female Hero 作者:Gwag, Chul(韓国)

現在韓国とニューヨークで活躍中の若手アーティスト、クワッ・チョル。 クワッ・チョルの作品は、女性の体を使い人間の内面を「フィーメール・ヒーロー」というテーマで表現している。 クワッ・チョルの作品は企業のロゴを使用したブランディングにも多数使用され、多くの企業から好評を得ており、人気を集めている。

Gwag chul5
Gwag chul7

Gwag, Chul(クワッ・チョル)

Gwag chul6
Gwag chul1
Gwag chul4

【CANDY GIRL】

「東京ガールズコレクション2017 SPRING/SUMMER」のキービジュアルは多感な若者への入り口になり、「アートフェア東京2017」でゲートウェイ展開にもなります。


作品タイトル:CANDY GIRL 作者:天野喜孝(日本)

天野喜考マネジメントオフィス:http://m-smo.co.jp/
CANDY GIRL:http://candygirl108.com/

Tgc candy girl