Exhibition

Sections

"フェア展示"

アートフェアはオープンなアートマーケットの中心的な役割を担っています。国内外から多くのギャラリーが一堂に会し、展示販売することで、その時代の作品やギャラリーの比較、価格の調整という機能を果たし、アートマーケットの信頼性と流動性を提供します。

B2F ホールE

Galleries

Galleries AFT2018
Photo:Yosuke Takeda

国内外で活躍するコマーシャルギャラリー/美術商が出展する「ギャラリーズ」の最大の魅力は、時代やジャンルを厳密に区分けしない会場構成により古美術のコレクターが現代アートに出会ったり、現代アートのコレクターが古美術を購入したりするなど新たな関心と関係を生み出ことです。前回出品された縄文土器をはじめ、ルノワールやマティスなど歴史的な美術品から、ジョナウッドや岩崎貴弘など国内外の現代アートまでが並ぶフェアは、海外ではなかなか見られず、複雑かつ成熟した日本のマーケットの縮図を体験できます。

『ギャラリーズ』出展者

B1F ロビーギャラリー

Crossing

Crossing AFT2018
Photo:Yosuke Takeda

多彩なアートの分野が交差する新セクション、「Crossing(クロッシング)」には、日常生活に根付きながら日本美術市場で大きな存在感を放つ百貨店が企画するブースや、数百年の伝統と日本各地の文化を今に伝える地方工芸団体、そして、多様な価値観で表現されるアウトサイダーアートやタレントアーティストなど、まさに日本のアートシーンを支えるバラエティに富んだアートのジャンルが集合し、最新のアートシーンを発信します。

『クロッシング』出展者

Projects

Projects AFT2018
Photo:Yosuke Takeda

これからのアートシーンで注目すべき作家を個展形式で発表するプロジェクツは、東京国際フォーラムのパブリックスペースで展開します。同形のブースが連なることで、それぞれの個性が際立ち、作家の凝縮された世界観を見比べられることが特徴です。

『プロジェクツ』出展者

Crossing

"クロッシング"

AFT2019より新設される「Crossing(クロッシング)」は、ギャラリーや美術商だけでなく日本のアートシーンを語る上で欠かせない分野の出展者が集り、それぞれのコンセプトや特徴が交差するセクションです。
日本を代表する百貨店3社が出展し、ストリート・アートによる展示、多様なメディアを用いた展示、伝統技術を使用した現代アートなど、それぞれが全く違ったアプローチで展示を企画しています。日本各地の文化と技術、数百年の伝統を今に伝える工芸団体の展示からは、地域の特色や歴史を現在に引き継ぎながら、これからの日本文化を作り出そうという試みを見出すことができます。また、アウトサイダーアートでは多様なバックグラウンドを持ちながら制作を続けているアーティストや、タレントアーティストによる既成の表現方法にとらわれない作品が展示されます。様々な視点から生まれる表現を体感できるクロッシングは、アートフェア東京2019の「顔」となるロビーギャラリーを彩ります。

C01 西武・そごう

C01 seibu sogo

Meguru Yamaguchi / MOBIUS NO.1 / 2019 / Acrylic and resin on carved wood board / 254×137cm

2011年より西武渋谷店では「Art meets Life」というストアコンセプトを掲げ、最先端のファッションはもとより、アートやデザインから暮らしにクリエイティブを発信してきました。今回の「アートフェア東京 2019」では、1980年代より西武が紹介してきたストリートカルチャーにおいて、独自の表現をおこなうアーティスト3人を特集いたします。ストリートカルチャーは、アメリカ現代美術のポップアートやグラフィティーアートなどのポストペインティングとも密接な関係にあり、現在のファッション界やアート界で最も注目を集めているジャンルです。
今回はカリグラフィーのレジェンド Faust、LAストリートのニュースタイルJoshua Vides、NYで独自のブラッシュストロークを表現するMeguru Yamaguchiの3名のアーティストをご紹介いたします。

【出展予定作家】

Meguru Yamaguchi / Joshua Vides / Faust

C02 三越

C02 mitsukoshi

藤崎 了一 / Metaball Bound / 2019

1907年に三越美術部が創設されてから100年以上が経ちました。わたしたちは百貨店を舞台に、多くの展覧会を開催して参りました。これからの100年は、歴史的背景をリスペクトしながら、カッティングエッジな現代の美術を切り取り、未来への遺産となり得る表現を紹介していきたいと考えています。
今回は「PRISM」をテーマに、注目される4名の現代美術家と抽象の可能性を色彩というキーワードから再考します。光を反射し、屈折させるプリズム。さまざまな技法やメディアを用いた、プリズムのような抽象表現をどうぞご高覧ください。

【出展予定作家】

井上 絢子(Ayako Inoue)、内海 聖史(Satoshi Uchiumi)、藤崎 了一(Ryoichi ujisaki)、柳田 有希子(Yukiko Yanagida)

C03 studio COOCA

C03 cooca

岩本 義夫 / 金髪のおねえちゃん / 2018 / アクリル,紙 / H420×W297

studio COOCAはハンディキャップを持つ人がその人の好きなことや得意なことで活躍する福祉施設/アトリエです。伊藤太郎の海洋生物繁栄への祈りのこもったコラージュとクマデ、岩本義夫の年々鼻が高くなる金髪の女性シリーズ、横溝さやかのストーリーに溢れる細密な世界、そして高原智哉の愛嬌いっぱいの振る舞い。アートと呼ぶにほかならない、彼らのこだわりから生まれる作品たちを発表致します。

【出展予定作家】

伊藤 太郎(Taro Ito)、岩本 義夫(Yoshio Iwamoto)、高原 智哉(Tomoya Takahara)、横溝 さやか(Sayaka Yokomizo)、他

C04 株式会社よしもとアートエンタテインメント

C04 yoshimoto

レイザーラモンHG / レイザーラモンHG

株式会社よしもとアートエンターテインメント(以下YAE)は吉本興業が培ってきたエンターテインメント業界でのノウハウと、アート業界をうまくクロスオーバーさせるプラットフォームとなることを目指し、2018年設立されました。アーティストのマネジメント・エージェント業務を軸に、アートイベントのオーガナイズなど、外部機関や有識者と連携しながら、様々なアートコンテンツや場を生み出していく体制を構築します。2019年1月には大阪なんばに「LAUGH & PEACE ART GALLERY」をアート芸人、アーティストの発信基地として機能させるべくオープン。月替わりで様々な展示イベントを開催しています。今回のアートフェア東京2019ではYAEの活動内容の紹介及びアート芸人、所属アーティストの作品展示を行います。

【出展予定作家】

レイザーラモンHG(Razor Ramon HG)、佐久間 一行(Kazuyuki Sakuma)、天竺鼠 川原 克己(Tenjikunezumi Katsumi Kawahara)

C05 金沢クラフトビジネス創造機構

C05 kanazawa craftwork

十一代 大樋長左衛門 / 大樋窯変玉箱 / 2018 / 陶土 / H15.3XW23.1XD20.4

当機構は、金沢の工芸・クラフトのビジネス化を推進するために、金沢市により創設されました。
今回の展示では、金沢にゆかりのある工芸作家33名を紹介します。作家はそれぞれ、大切なものをしまう「玉箱」をテーマに工芸作品を制作しました。生活習慣が多様化する現代において、伝統的な工芸技法である漆、陶芸、金工、染織、ガラス、木工を用い、高度な技術によってつくられた個々の作品は、日本らしい今日の美術の姿形を写し出します。

【出展予定作家】

東 日出夫(AZUMA Hideo)、池田 晃将(IKEDA Terumasa)、黒木 紗世(KUROKI Sayo)、中田 真裕(NAKATA Mayu)、田中 若葉(TANAKA Wakaba)、藤野 征一郎(FUJINO Seiichiro)、藤原 愛(FUJIHARA Chika)、松本 由衣(MATSUMOTO Yui)、山村 慎哉(YAMAMURA Shinya)、吉田 まゆ(YOSHIDA Mayu)、十一代 大樋長左衛門(OHI Chozaemon XI)、内山 真由美(UCHIYAMA Mayumi)、上端 伸也(KAMBATA Shinya)、齋藤 まゆ(SAITO Mayu)、半田 濃史(HANDA Atsushi)、浦中 廣太郎(URANAKA Kotarou)、木瀬 浩詞(KISE Hiroshi)、坂井 直樹(SAKAI Naoki)、安達 大悟(ADACHI Daigo)、川本 敦久(KAWAMOTO Nobuhisa)、北村 紗希(KITAMURA Saki)、安井 未星(YASUI Miboshi)、坂井 ゆかな(SAKAI Yukana)、佐々木 類(SASAKI Rui)、田 聡美(DEN Satomi)、中野 雄次(NAKANO Yuji)、松田 苑子(MATSUDA Sonoko)、福嶋 則夫(FUKUSHIMA Norio)、角間 泰憲(KAKUMA Yasunori)、李 一烈(イ・イルヨル/LEE Ilryul)、金 至児(キム・ジア/KIM Jeeah)、張 多然(ジャン・ダヨン/Jang Dayeon)、楊 玉婷(ヤン・ユーチン/YANG Yuting)

C06 金沢市工芸協会

C06 kanazawa craft council

十一代 大樋長左衛門 / 大樋飴釉窯変茶盌 / 2018 / 陶土 / φ15.6×11.0㎝

金沢市工芸協会は、1925年(大正14年)に「金沢市意匠図案研究会」として発足し、90年にわたり伝統の継承と、工芸の発展に寄与してきました。金沢市工芸展の開催や、国内外の作り手との交流など幅広く活動しています。
今回のアートフェア東京では、当会に所属する作家をセレクションし、文化勲章受章者や人間国宝の重鎮作家による圧倒的な工芸技術から、新進気鋭の若手作家による革新的な美術表現まで、金沢の美術工芸の質の高さと多様性をもつ作品をご紹介します。

【出展予定作家】

大樋陶冶斎(Ohi Toyasai)(ChozaemonⅩ)、十一代大樋長左衛門(11th.Ohi Chozaemon)(Toshio)、中川 衛(Nakagawa Mamoru)、魚住 為楽(Uozumi Iraku)、坂井 直樹(Naoki Sakai)、ほか

C07 金沢卯辰山工芸工房

C07 utatsuyama kogei kobo

左上:鵜飼 康平 / 融 18-01 / 2018 / 楠、漆 / 17×93×29cm
左下:仲村 葵 / 颭 / 2018 / 銅、真鍮、銀鍍金、アルミ粉、ブロンズ粉 / 10.0×37.0×17.5cm
右:織田 隼生 / A quale / 2018 / ステンレス、溶接棒 / 30×42×42cm

金沢卯辰山工芸工房では、金沢の伝統工芸の技術継承と発展を目的とし、工芸振興に寄与する人材を育成しています。陶芸・漆芸・染・金工・ガラスの5つの工房からなり、技術研修者たちは、研修と自由な造形活動を通じて、高度な工芸技術と優れた造形感覚を養い、日本国内をはじめ世界に向けて工芸の可能性を発信しています。アートフェア東京への出展は今回で6回目、アートの世界へ挑戦する「工芸」への注目は年々高まってきています。当工房からは選抜の10名が出品します。素材と対話する若き作り手たちの感性と、表現の多様性をご覧ください。

【出展予定作家】

田中 陽子(TANAKA Yoko)、釣 光穂(TSURI Mitsuho)、張 多然(JANG Dayeon)、鵜飼 康平(UKAI Kohei)、府玻 杏(FUWA Anzu)、三尾 瑠璃(MITSUO Ruri)、織田 隼生(ODA Tshiki)、仲村 葵(NAKAMURA Aoi)、菅野 有紀子(SUGANO Yukiko)、米津 真理奈(YONETSU Marina)

C08 Artglorieux GALLERY OF TOKYO

C08 artglorieux

2017年「一期一会 裕人礫翔 箔+アートの世界」展示風景

当ギャラリーは2017年4月、GINZA SIXの5階にオープンした、㈱大丸松坂屋百貨店が運営するギャラリーです。ギャラリーでは1~2週間ごとに企画展を開催しています。
アートフェア東京では、月をテーマに制作する裕人礫翔を紹介いたします。京都 西陣に伝わる箔技術をもちいて生み出される作品は、日本の伝統文化を感じさせるとともに、太古からの自然の摂理や生命の力といった普遍的なテーマを内包し、日本人のみならず海外からのお客様にも直感的に理解していただける現代アートです。

【出展予定作家】

裕人 礫翔(Hiroto Rakusho)

C09 T.A.G. Gallery

C09 tag

小寺 暁洋 / 耀 / 2018 / ガラス・金箔 / 15cm × 30cm × 30cm

アートフェア東京2019の展示は富山ゆかりの作家を対象に行われたコンペを経て選抜されたブースです。
既に活躍している作家は勿論、これから活躍するであろう作家達からもバランス良く選考された魅力溢れる作家達で構成されております。
富山市、協賛企業、美術商が連携して富山ゆかりの作家が国内外で発表出来る場を提供し販売まで繋げる為の企画です。
2011年からの8年間は日本国内のみの支援活躍でしたが2019年からは国外へも販路を広げ富山ゆかりの作家達が大きな"夢""希望"を持って制作活動出来る為に支援する国際事業へと進化させた取組みです。

【出展予定作家】

小寺 暁洋(KOTERA Akihiro)、小曽川 瑠那(KOSOGAWA Runa)、松藤 孝一(MATSUFUJI Koichi)、小宮 崇(KOMIYA Takashi)、宮本 崇輝(MIYAMOTO Takaki)、岸本 耕平(KISHIMOTO Kohei)、佐々木 光(SASAKI Hikari)、佐々木 伸佳(SASAKI Nobuyoshi)、牧田 恵実(MAKIDA Emi)、平井 千香子(HIRAI Chikako)、清河 北斗(KIYOKAWA Hokuto)

C10 香川県漆芸研究所

C10 kagawa

上:神垣 夏子 / 籃胎蒟醤箱「川霧」 / 2018 / 漆、竹 / 縦13×横26×高10
下:安藤 源一郎 / 紙胎蒟醬風籟合子 / 2017 / 漆、紙 / 径24.1×高8.3

香川県漆芸研究所は、彫漆(ちょうしつ)、蒟醤(きんま)、存清(ぞんせい)など香川県の伝統的な漆芸技法を伝承し、後継者の育成と技術の向上を目的として、昭和29(1954)年、全国に先駆けて設置されました。これまでに修了生は400名を超え、その多くは漆芸作家や漆工技術者として活躍しています。
研究所は、研究生と研究員の2課程制で、デザイン、造形等の基礎科目と、素地制作から塗り、加飾に至る漆芸技術全般を習得します。
この研究所の最大の魅力は、漆芸技術のみならず造形や色彩感覚、そして漆芸に対する姿勢などを、人間国宝などの講師陣から、総合的に直接、学ぶことができるところにあります。
出展予定アーティストの安藤源一郎(平成16修了)、神垣夏子(平成22修了)はいずれも研究所の修了生で、日本伝統工芸展で日本工芸会新人賞を受賞しています。安藤源一郎は手漉きの和紙と漆で器を作る紙胎(したい)、神垣夏子は竹ヒゴで籠状に編んだ器の籃胎(らんたい)に特徴があります。いずれも現代的で清新な感覚で蒟醤(きんま)の技法で模様で装飾して箱や盆、茶器やオブジェを制作しています。

【出展予定作家】

安藤 源一郎(ANDO Genichiro)、神垣 夏子(KAMIGAKI Natsuko)

Projects

"プロジェクツ"

プロジェクツは、これから日本のアートシーンで注目すべきギャラリーが1ブースにつき1アーティストの個展形式で発表するセクションです。国内外で精力的に活動している12軒の出展ギャラリーが、それぞれに趣向をこらしアーティストの世界観を6m2に凝縮した、見応えある展示空間を作り出します。現代性、身体性、技巧性などの特色を強く感じることのできる作品や、折り鶴、テラコッタ、レーザーカットステンシルやジクレー、ビーズワックスなどユニークな素材を使用した作品、コンセプチュアルアートから、インスタレーションまで、今後注目のアーティスト12名の作品を展示・販売します。若手アーティストの作品を個展形式で発表する「Projects(プロジェクツ)」では、比較的手の届き易い価格帯の作品も多く、アートの購入が初めての来場者の方にもオススメです。これからの日本のアートシーンを担っていくギャラリーとアーティストの作り出す濃密な展示空間をご覧ください。

P01 TAV GALLERY

磯村 暖

P01 isomura

地獄の星
2016

磯村暖は近年において台湾の關渡美術やタイのワットパイローンウア寺院での滞在制作、キース・ヘリング生誕60周年記念イベントでのコラボレーション、香取慎吾の呼びかけによる「NAKAMA de ART」に新進気鋭のアーティストとして参加するなど、国内外で分野を横断しながら活躍の場を拡げている若手美術家。アートフェア東京2019では、現代の仏教美術を引用したセメント彫刻の他、「クレオパトラのワイン」という分子物理学に関する逸話に着想を得たキャンバスの表面上で液体が循環し形跡を残す絵画作品などを展示する。

P02 Wooly & CLEAR

中瀬 萌

P02 nakase

estrogen
蜜蝋、油彩、樹脂
1200 × 910 × 40 mm
2018

1993年、神奈川県生まれ。2015年から彫刻家である父に影響を受け、アーティストとして活動を始める。蜜蝋を使ったエンカウスティックの作品を展開。2017年 NY BROOKLYN BEAUTY/FASHION LABOに出展、12月のJ-COLLABO ANNUAL EXHIBITIONにて大賞を受賞。2018年9月には六本木CLEAR GALLERY TOKYOでの初の本格国内展示を成功。アートフェア東京2019では、彼女を支援し続けるWooly magazineとCLEAR GALLERY TOKYOが合同で中瀬萌の最新作品群を発表する。

P03 Takashi Somemiya Gallery

主人公

P03 syujinko

わたし
キャンバスにジクレープリント+アクリル彩色
700 x 700 mm
2018

主人公という作家名は既に活動している作家の別プロジェクトとして約一年前にスタートした。アニメのキャラクターをモチーフとしているが、全て架空のキャラクターであり、タイトルは全て"わたし"だ。アートフェア東京2019では「吾輩は猫である」のように、憑依の媒体として"主人公"が"わたし"を表出させる。例えばゲーム「ドラゴンクエスト」で主人公を選ぶように、世の中は憑依の媒体で溢れている。展示はそれらの断片によるインスタレーションである。

P04 木之庄企畫

山田 航平

P04 yamada

インフィニティ・ガール(赤)
パネルに綿布、油彩
455 x 455 mm
2018

山田航平は広島市立大学在学中の2015年から作家活動を開始した。中国、韓国、台湾といったアジア圏でのアートフェアで確かな実績を残し、海外の顧客を持つ若手油絵作家(2016年に同大学院を修了)。2017年に木之庄企畫にて開催した東京初個展では8割以上を売り上げ、日本のコレクターにもその存在価値を知らしめた。アートフェア東京2019では、丁寧かつ繊細な独自の手法によって描かれた8号〜30号のポップな絵画作品を展示する。

P05 四季彩舎

瀬戸 優

P05 seto

月を知る-オオカミ-
テラコッタ、石膏、彩色、玉眼
750 x 300 x 450 mm
2018

瀬戸優は1994年に生まれ、2014年より東京藝術大学美術学部彫刻科に入学、2015年から彫刻家である大森暁生氏のアシスタントを務めている。自然の生命感を最大限に引き出すための造形を模索し、土、水など星の大きな力の循環の一部を切り取るような意識で制作する。粘土を素焼きしたテラコッタ(土器)は作家の触覚や軌跡がダイレクトに表面に現れ、躍動感のある作品となっている。アートフェア東京2019では、「水」をテーマにライオン、ウサギ、フェネック、など個性豊かな動物たちの彫刻を展示する。

P06 ex-chamber museum

小野川 直樹

P06 onogawa

flash
素材・技法:折り鶴、ミクストメディア
H340 × W380 × D280 mm
2018

小野川直樹は、紙で折った極小の鶴を用いて樹木を模した作品を制作する。一作品あたり数百から千を超える無数の折り鶴の群れは厳かな雰囲気を創出し、さらに鑑賞者の心を掴む圧巻のディテールがそこに備わる。アートフェア東2019の会場では、新たなアプローチも取り入れながら、空間全体で繊細な世界観を構築する。

P07 TALION GALLERY

小泉 圭理

P07 koizumi

向き合う
油彩、ニス、メディウム、膠、木、釘、綿布
1210 x 1812 mm
2013

小泉圭理は身体や事物の交わりをモチーフとして、ペインティングやドローイング、石膏などを用いた立体作品を制作している。小泉の作品にあらわれる身体像というモチーフは、梁や柱の構成からなる建築的な構造物であり、人間的な生気や性愛を収容するための器でもある。アートフェア東京2019では、身体をかたどった変形キャンバスの作品やドローイング、立体作品を展示する。

P08 HAGIWARA PROJECTS

今井 俊介

P08 imai

untitled
acrylic on canvas
320 x 400 mm
2018

今井俊介は1978年生まれ。色や形といった絵画の基本的な要素についての考察を元に彩度の高い色を使ったストライプや円が重なりあう構図を描く。絵画空間の可能性と「観ること」の本質を探求する。近年は、ファッションブランドとのコラボレーション、大型壁面作品の制作や、作品が描かれた布を使って撮影した映像作品など、キャンバス上だけではない表現活動の幅を広げている。アートフェア東京2019では新しい展開を見せる新作絵画を発表する。

P09 Maki Fine Arts

アレックス・ダッジ

P09 alex

The Trauma of Information (Novermber 13, 2017) I
oil on linen
600 × 810 mm
2018

アレックス・ダッジは1977年アメリカ生まれ、ニューヨーク在住。レーザーカットステンシルを用いて、絵の具をキャンバスに押し付ける手法で作品を制作。メトロポリタン美術館、 ニューヨーク近代美術館、ホイットニー美術館などに作品が収蔵され、2019年3月23日からMaki Fine Arts(東京)で個展を開催する。アートフェア東京2019は日本での初展示となり、ニューヨークタイムズをモチーフとした作品シリーズの新作を展示予定。

P10 JINEN GALLERY

戸賀﨑 珠穂

P10 togasaki

180106-1
キャンバスにアクリル絵具
900 × 900 mm
2018

戸賀﨑珠穂は資本の力で投資と回収を繰り返す東京を描く。望むと望まざるとにかかわらず進む時間。加速度をましたスクラップ&ビルドにより、常にモノは新しく更新され、過去は静かに忘れ去れていく。幼い頃から東京を見続けてきた戸賀﨑は、忘れ去れていくモノを一つ一つ拾い上げ、記録し、記憶していく。見つめた景色と自身の存在を確認するように制作している。今回のアートフェア東京2019では、東京という大都市の表層に焦点をあてた展示となる。

P11 COMBINE/BAMI gallery

宮本 大地

P11 miyamoto

工場岩
アクリル
530 x 455 mm
2018

宮本大地は1991年大阪府出身、27歳。2013年京都精華大学卒業。明治・大正・昭和時代の機器をモチーフに、独特の空間構成(ジオラマ)で現実にはありえない作家独特のトランス世界を構築し制作する。アートフェア東京2019では、作家が夢想する超現実的な所在地の各所を作品約20点の構成でポップアップ的に紹介し展開する予定。

P12 Gallery花影抄

佐野 藍

P12 sano

Holy
大理石
140 × 140 × 140 mm
2017
Photo : Kenji Agata

佐野藍は大理石を用い、ドラゴンなどの幻獣や動物を制作する彫刻家。アートフェア東京2019では、大理石という素材の内包する時間と作家の世界観がより強く融合した作品群10点あまりを「-白い世界の中で生まれ、そして還っていくドラゴン達は人知れず、長い時間をかけてそれを繰り返す-」というテーマで展開する。佐野の魅力は、漠然と縁遠い存在だった大理石彫刻への先入観をリセットするところにある。新世代の大理石彫刻の魅力を伝える作品を展示する。

Morimoto white