News

2019.03.18

「日本のアート産業に関する市場調査2018」を実施〜日本の美術品市場規模は2,460億円、3年連続で増加を維持〜

3月7日、AFT2019記者説明会で日本のアート産業に関する市場調査2018を発表しました。
2018年の美術品市場規模を2,460億円と推計。
これは、2016年より継続している同調査の2,431億円、2017年の2,437億円に続き3年連続で増加という結果となりました。

日本のアート産業に関する市場調査2018

さらに、将来のアート産業を考える上で指針となる層を「国際経験豊かなビジネスパーソン」と定義し、アートに係わる意識調査なども実施しました。